21:36 2018年08月18日
iPhone 6

iPhone6と6Plusの画面センサーが「病気」(動画)

© Sputnik / Grigoriy Sisoev
社会
短縮 URL
103

iPhone 6と 6 Plusのユーザーがディスプレイのセンサーの支障を訴え始めた。ブログ「カルト・オブ・マッキントッシュ」が報じている。ところがApple社のテクニカルサポートはフォーラム参加者の苦情には一切反応していない。

ディスプレイの上部にグレーのラインが現れると画面はタッチプレイに反応しなくなる。米国の数箇所の地域では同じ問題での苦情者数が数100人に達した。電子機器の修理を専門とするiFixit(アイフィクスイット)はこれを「センサーの病気」と命名。

これに対しApple 社はiPhone 6の大半は保障期間が切れているということを理由に修理を拒否している。専門家らは、電話を軽く曲げ、機体の数箇所を押すことで一時的ではあるものの問題解決は可能だが、しばらくすると再びタッチプレイ機能は麻痺してしまうので完全な解決は無理と語っている。

先に伝えられたところによると、脳に移植された電子機器が近々に当たり前になる可能性がある、と科学者たちは語っている。

関連:

あるゲーマー、ゲームの秘密の扉を開くために費やした9年の歳月
「スマート」性玩具、ユーザー監視を非難される
タグ
Apple
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント