06:05 2018年08月20日
スマートフォン

東芝 スマホバックアップ機をアナウンス(写真)

© Fotolia / Astrosystem
社会
短縮 URL
0 14

東芝はベルリンで開催中の欧州最大の家電見本市のIFA 2016で新型機を展示した。それは、OCアンドロイドのスマートフォンのデータの予備コピーと充電用の製品だ。製品は現在開発段階にある。

​白い皿を思わせる見た目の機器は、ケーブルでのスマートフォン接続時にスマホ充電と内蔵ハードドライブへの500ギガバイト以下の、連絡先、書類、音楽、写真、動画といった容量のデータの保存を同時に行う。このために必要なのはスマホにアプリをインストールするだけとされている。

東芝によって開発されたソリューションは、データのバックアッププロセスを毎日の形態充電のように簡単で慣れ親しんだものにすることが目的だ。

先に伝えられたところによると、Apple 社は次の iPhone 7のプレゼンを9月7日にサンフランシスコで行なうと発表した

関連:

Apple、独自のソーシャルネットワークを開発中
Apple 日本用iPhone発売へ
タグ
東芝
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント