17:08 2018年01月23日
東京+ 9°C
モスクワ-10°C
    携帯電話

    便器から携帯を取り出そうとして手がひっかかった中国人(写真)

    Fotolia/ Tanusha
    社会
    短縮 URL
    0 01

    中国広東省で、和式便所に落ちた携帯を拾おうとした男性を消防隊員が救助した。英デイリー・メールが報じた。

    ​救助された男性が語るには、深夜2時に起きた弾性はトイレに向かったが、うとうとしていて携帯を落とした。男性は携帯を取り出そうとしたが、手がひっかかってしまった。手が抜けないことに気づき、助けを呼び始めたが、叫びを聞いたのは隣人1人だけで、朝になってからだ。

    到着した救助隊は、手を解放するため便器を壊さざるを得なかった。

    消防隊によると、便器に落ちたものを拾おうとして詰まった人を助けることは頻繁になってきている。

    先に伝えられたところによると、米国の学者グループは、携帯電話とガン発症との間に関係があることを示す新しい証拠を発見した

    関連:

    日本、スマホの鍵となる技術に対するコントロール得る
    アップル製品の利用者97パーセントが恥ずかしがること
    タグ
    中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント