12:52 2017年11月24日
東京+ 11°C
モスクワ-5°C
    カナダ人エコノミスト、人類滅亡の日を割り出す

    カナダ人エコノミスト、人類滅亡の日を割り出す

    © Sputnik/ Mihail Woskresenskij
    社会
    短縮 URL
    52822511

    人類に残された生存時間はもしかすると700年足らずかもしれない。カナダの投資調査会社「BCAリサーチ」社の出した報告書にこうした数値が表された。およそ300万年前の人類誕生からの歴史のなかでこの数字はあまりにも短い。

    先週、クライアントに送付された「審判の日のリスク」と題された概観でBCAリサーチの主任戦略家ピーター・ベレジン氏(ゴールドマンサックスの元エコノミスト)は、世紀末は訪れるか、人類文明が完全に抹殺される可能性はどれくらいかと投資分析には陳腐とは言いがたい質問を投げかけている。

    一連の哲学的、経済、物理的コンセプトを調べた結果、ベレジン氏は2290年までに全人類が滅びる危険性は50%、2710年までにこれが起こる可能性は95%という数値を導き出した。

    このことからベレジン氏は可視的未来に人類滅亡が起きるとすれば、蓄財も意味を成さなくなるという見方をあらわしている。

    なお先に伝えられたところによると、米バークリー州のカリフォルニア大学の気象学者チームは、2084年までには地球温暖化によって夏季五輪を世界の大多数の国で開催することが不可能になると発見した

    関連:

    世界終末時計の針 変わらず零時三分前を指す
    激減する日本の人口
    タグ
    学説
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント