10:57 2018年10月18日
タイ国王

タイ国王の容態 きわめて不安定

© AFP 2018 / PAIROJ
社会
短縮 URL
107

タイ王室は、世界の現役君主の中で最長の在位期間を持つプミポン国王(88)の容態について、きわめて不安定だと発表した。

医師たちは2時間半にわたって血液透析を行ったが、今のところ結果について述べるのは難しいという。

先に、国王の腎臓機能の問題について伝えられた。

プミポン国王は、1946年に王位を継承し、世界の現役君主の中で最長の在位期間を持っている。12月に89歳を迎える。

関連:

明仁天皇、皇居のタヌキの食性について論文発表
ノーベル文学賞、昨年の受賞者が「今年はムラカミさんにとらせてあげたいなぁ...」
タグ
タイ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント