08:24 2018年11月13日
性的パートナーを見つけることができない人達は障害者

性的パートナーを見つけることができない人は障害者扱いに

© Fotolia / Sergey Nivens
社会
短縮 URL
2780447

世界保健機関(WHO)は、独り身の人を障害者と同一視する。新しいスタンダードによれば、性的なパートナーを見つける能力のない人は、子供を作れない人、不妊者とみなされる。新聞The Telegraphが伝えた。

スプートニク日本

WHOの新しい分類によれば、子供を作るために性的パートナーを見つけることのできない人は、今後は病人に区分される。つまり、不妊は障害者とみなされることになる。

これまで不妊者とされたのは、1年間、避妊をせず定期的に性行為をしても子供が授からない人達だった。またWHOは、障害者には皆「生殖の権利」があると指摘している。

専門家らは、不妊についての新しい定義は多くの国々で禁止されている代理出産の人気を高めるだろうと見ている。これは、ある一定の金額を独身者が支払うことで、それに同意した女性に、自分の子供を産んでもらうサービスのことである。

WHOのこうした決定は、大きな批判を呼び起こす可能性がある。なぜなら、この問題は、医療ばかりでなく、社会問題にも抵触するものだからだ。

(後日追記)本ニュースの情報源は上にも示したように2016年10月20日にテレグラフ・インターネット版で報じられたニュースだ。テレグラフ紙が発表したニュースの当該文面(英文)はこちらを参照いただきたい。またスプートニクは後日、最終的な回答を得るためにWTOに取材を申し入れたが、WTOは概念拡張の協議をしていることを明かしたが、肯定も否定もせず、テレグラフ紙の報道に対する回答が掲載されるかもしれないサイトのリンクをスプートニクに送付した。

関連:

毎年数100人の女性が騙されてポルノ業界に引き込まれている、日本
ロンドン地主、セックスと交換で住居提供
タグ
災害・ 謎・発見・スキャンダル, WHO
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント