19:40 2017年01月21日
東京+ 6°C
モスクワ-2°C
    性的パートナーを見つけることができない人達は障害者

    性的パートナーを見つけることができない人は障害者扱いに

    © Fotolia/ Sergey Nivens
    社会
    短縮 URL
    2830954676441

    世界保健機関(WHO)は、独り身の人を障害者と同一視する。新しいスタンダードによれば、性的なパートナーを見つける能力のない人は、子供を作れない人、不妊者とみなされる。新聞The Telegraphが伝えた。

    WHOの新しい分類によれば、子供を作るために性的パートナーを見つけることのできない人は、今後は病人に区分される。つまり、不妊は障害者とみなされることになる。

    これまで不妊者とされたのは、1年間、避妊をせず定期的に性行為をしても子供が授からない人達だった。またWHOは、障害者には皆「生殖の権利」があると指摘している。

    専門家らは、不妊についての新しい定義は多くの国々で禁止されている代理出産の人気を高めるだろうと見ている。これは、ある一定の金額を独身者が支払うことで、それに同意した女性に、自分の子供を産んでもらうサービスのことである。

    WHOのこうした決定は、大きな批判を呼び起こす可能性がある。なぜなら、この問題は、医療ばかりでなく、社会問題にも抵触するものだからだ。

    関連:

    毎年数100人の女性が騙されてポルノ業界に引き込まれている、日本
    ロンドン地主、セックスと交換で住居提供
    タグ
    災害・ 謎・発見・スキャンダル, WHO
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • 豊岳正彦
      WHOは「あほ」と読むんだったか(笑)
    • catss4
      闇側は 不妊に繋がる 毒性を ワクチンにいれこんで
      人口削減に励んでいるのだから
      どうしたんでしょう ダブルスタンダード
    • bokebokeboya
      最近何につけ、体よく差別をするための道具と思われる基準や理論が、やたらに多いが、こんなものは絶対許してはならないと思う。
      また奴らは、一体何を企んでいるのだろうか。
      そして心ある方々に、これらの悪い理論や基準を、破壊する活動を行ってほしい。
    • shachox
      「キ◯ガイ白人」はロクなことを考えない。て感じ。
    • ラグノー・アーシャ
      この記事に対して実に多くのコメントをお寄せいただきまして誠にありがとうございました。「スプートニク」日本編集部はこの記事の情報源へのご質問にお答えしまして、ブログに次のような記事を発表いたしました。どうぞお読みください。sptnkne.ws/c5Vz
    新しいコメントを読む (0)