20:38 2020年08月04日
社会
短縮 URL
0 21
でフォローする

IPASSが行った研究により、人間が第一に大事にするのは無線インターネットであり、セックスとアルコールは二の次であるということが分かった。

実験にはアメリカやヨーロッパから約1700人のボランティアが参加した。テストを通じて各参加者が無線インターネットを他の必要品や嗜好品に対してどういう位置に置いているかが調べられた。

結果、40.2%がWi-Fiを第一位に置き、36.6%がセックスを最重要のものとし、チョコレートとアルコールは最下位だった。IPASS社取締役パット・ヒューム氏によると、インターネットは生活の中で重要な役割を果たしており、Wi-Fiの人気の高まりがこれを後押ししている。回答者の70%以上が少なくとも一度はWi-Fiの有無を調べたうえでホテルを予約しているという。

関連:

インターネットが性欲を減退させている
クロアチアの80歳のおばあちゃんにメーキャップ インターネットで話題に!
タグ
インターネット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント