20:39 2019年07月21日

チェルノブイリ原発で新石棺の移動作業完了間際(ライブ配信)

© Sputnik / Stringer © REUTERS / Gleb Garanich © AFP 2019 / Genya Savilov © Sputnik / Stringer
1 / 4
社会
短縮 URL
0 80

1986年4月26日の大事故で壊れた、ウクライナにあるチェルノブイリ原子力発電所4号炉の新石棺移動作業が完了しつつある。

新石棺は高さ110メートル、幅260メートル、長さ150メートルで総重量3万1000トンの、特別な設備を備えた巨大な技術施設。100年間は機能する予定だ。

2017年11月に新石棺を運用開始した後、旧石棺と損傷した原子炉の解体が始まる。結果、施設は環境的に安全なシステムに変わるはずだ。

関連:

フランス人写真家 スプートニクに廃墟化した「日本版ディズニーランド」とフクシマを撮らない理由を語る 【写真】
チェルノブイリ原発の新シェルター移動開始
タグ
チェルノブイリ原子力発電所事故
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント