03:51 2018年12月11日
フィリピンのドゥテルテ大統領

ドゥテルテ大統領、自身の捜査要求の国連高等弁務官をバカ呼ばわり

© AP Photo / Aaron Favila
社会
短縮 URL
1181

「個人的に容疑者を殺した」とのフィリピンのドゥテルテ大統領の声明を受けて、大統領の捜査を要求した国連のゼイド・ラアド・アル・フセイン人権高等弁務官を、ドゥテルテ大統領は「馬鹿」で「道化」だと呼んだ。ロイターが報じた。

「この男(ゼイド氏)は道化か、狂人かだ…。国連代表のあなた方、我々はあなた方に給料を払っている。おい、馬鹿、何をすべきかなんて俺に言うな…誰がそんな権利をお前に与えたんだ?」とドゥテルテ大統領は述べた。

ドゥテルテ大統領が、過去に殺人を犯したことがあるとの声明を出した後、ゼイド氏はフィリピン政府に、大統領の捜査を要求した。

 

関連:

フィリピン大統領、トランプ氏をパロディ化【動画】
ドゥテルテ大統領、露中との軍事同盟の可能性についてコメント
タグ
フィリピン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント