10:33 2018年01月23日
東京+ 2°C
モスクワ-12°C
    現代の日本人学生、視力が低下し、肥満-文部科学省

    現代の日本の小中高生、視力が低下し、肥満-文部科学省

    © Fotolia/ Milatas
    社会
    短縮 URL
    0 21

    共同通信によると、22日に広報した文部科学省の2016年度学校保健統計調査から、裸眼の視力が1・0に満たない小中高生の割合が増え、過去最悪となったことが分かった。

    理由について文科省は「スマートフォンやテレビゲームが普及し、物を近くで見る習慣が身に付いたことが影響した」と述べた。
    それに加え、肥満傾向児の割合は前年度より微増の学年が多かったが、長期的には減少傾向が見られる。虫歯の割合も減って中高生は過去最低となり、文科省はいずれも生活習慣改善が背景にあるとみている。

    関連:

    少年法の対象は20歳未満から18歳未満へ
    2016年の日本人口の変更が広報された
    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント