11:47 2018年11月21日
ローマ法王

ローマ法王 クリスマスを祝うと共に戦争で苦しんでいる人々の平和を望む

© AFP 2018 / Tiziana Fabi
社会
短縮 URL
158

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、25日、日曜日、世界中の信者に対し恒例のクリスマス・メッセージを伝え、「ローマと全世界(ウルビ・エト・オルビ)」を祝福した。

法王は、メッセージの中で特に「この地球に住む人達、とりわけシリアやウクライナそして聖なる地(パレスチナ及びイスラエル)をはじめ、世界中で行われている戦争や激しい紛争の結果、苦しんでいるすべての人達のもとへ平和が訪れますように」と祈った。

関連:

ローマ法王はもう奇跡を信じない?
ローマ法王、マザー・テレサを列聖
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント