11:30 2017年03月28日
東京+ 9°C
モスクワ+ 0°C
    欧州に暮らし、正気を失い始めている難民の子どもたちについて、人権活動家が語る

    欧州に暮らし、正気を失い始めている難民の子どもたちについて、人権活動家が語る

    © REUTERS/ Mohammad Ponir Hossain
    社会
    短縮 URL
    391829

    ギリシャの難民キャンプでの生活を強いられ、精神疾患に苦しみ始め、自傷を行い、人生にケリをつけようとする難民の子どもたちがどんどんと増えている。英紙インデペンデントが人権保護団体『Save the Children』の報告書をもとに報じた。

    スプートニク日本

    報告書によると、5000人以上の未成年者が難民キャンプの「おぞましい環境で」生活している。彼らはより頻繁に自殺を行い、また、そのプロセスをカメラに収めていることもまれではない。その上、アルコールや麻薬依存も増えていっている。両親を失った子どもたちは安全のためにグループで集まり、交代で睡眠を取っている。そして、大人たちと生きている子どもたちは、その監視から抜けることを恐れている。

    人道的プログラム『Save the Children』の代表、アンドレアス・リングさんは、「多くの子どもは戦争や争いから救われた結果、彼らが『地獄』と呼ぶキャンプにいる。そこで彼らは、自身が人間ではなく動物であるかのように感じている」と述べた。

    タグ
    移民, EU
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      悪魔は どこでも どんな 手段でも 人類を 地獄に落とす。
      それが イルミにとっての勲章。

      〇 ワクチンの後遺症で 苦しむ子供たち
      自閉症で自傷行為に苦しむ少年の様子が写されています

      自閉症の痛々しい症状の緩和に医療カンナビス(大麻)が与えられた少年の変化
      ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12257116910.html

      ☆ 後遺症の子供たちの動画もありますが 見るのは つらいです
    • lazytruth
      地獄から逃れてきた人々が、母国と変わらない地獄の環境で、希望の持てない状況を、ただ待ち続けているのでは、精神的に異常をきたすのは当然ですよね。子供だけではなく大人も同じだと思います。

      ギリシャもマケドニアも財政的に厳しいから難民の面倒を看れない。NPOが頑張ってはいるけど、この絶望的な状況は打破できない。どうにか目的地(ドイツやフランス、ノルウェー)へたどり着いても、生活は厳しい。
      簡単に「絶望」「地獄」ということは言えるけど、実際に現場に行くと、そんな言葉では表せない状況がそこにあるわけで……。

      日本では「海上ルート」での沈没事故しか報じられないけど、実は「バルカンルート」の方がもっと危険で絶望的な状況なんだよね。なんで日本のマスコミは伝えないんだろうかね。
      「バルカンルート」って4000Kmも移動するからねぇ。通過する国々も有刺鉄線を備えたバリケードを敷いて、難民の通過を阻止してる。実際に、難民と国境警備隊とが衝突して悲惨なことが多発してるんだよね。

      何もできない自分が情けないです。
    • avatar
      HopeRJ
      ん~..... 通常 子供と動物は、自殺の行動はしない と思う!? 
      以前に、自傷行為や 自殺(と思われる )を 見て覚えて=学習しないと出来ない行為
      と思うけど? 生動物は潜在的には自殺行動はしないのでは?? 

      実際のキャンプを 見てないから 何ともだけど...。

      死んだらラクになる と 誤った学習を してしまったとか?
      薬物による 正常意識の損傷とか?

      動物 と 赤ん坊が 自殺行為してる所 見た事ある??
    新しいコメントを読む (0)