03:11 2018年05月24日
東京+ 17°C
モスクワ+ 22°C
    ネパール 生理中の少女が隔離、蛇にかまれ死亡 族が呪術師に治療

    ネパール 生理中の少女が隔離、蛇にかまれ死亡 族が呪術師に治療

    © REUTERS / Navesh Chitrakar
    社会
    短縮 URL
    207

    ネパール西部ダイレク郡で先週末、屋外の小屋で隔離されていた18歳少女が毒蛇にかまれて死亡したことが8日わかった。AFPが報じた。

    スプートニク日本

    AFPによると、少女が毒蛇に2回かまれて、治療が遅れたから、7時間後に死亡した。地元メディアの報道では、少女の家族が治療のために呪術師に向かった。警察は少女の死亡を確認したが、死因の詳細は明らかにしなかった。

    ネパールやインドでは、生理中の女性を隔離する「チャウパディ」と呼ばれる習慣がある。地方によっては、生理が終わるまで小屋で家畜と共に寝泊りを強いることがある。この習慣は10年前に法律で禁じられたが、西部地域では未だに残っている。

    先の報道では、インドの児童福祉団体は6日、11歳のときに年上の男性と結婚させられ、今年から夫と同居するために退学させられていた16歳の少女がクラスメートらに「救出」されて復学したことを明らかにした。

    タグ
    ネパール
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント