14:01 2018年08月15日
初の日本人建築家、「マザー・テレサ賞」受賞【写真】

「マザー・テレサ賞」を日本人建築家が初めて受賞【写真】

© REUTERS / Stefano Rellandini
社会
短縮 URL
0 52

日本の建築家の坂茂さん(60)は、社会の正義や人類に対し類いまれな貢献で贈られる「マザー・テレサ社会正義賞」に選ばれたことが12日に分かった。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

坂さんは日本人としても、建築家としても初めての受賞で、12月10日にインドのムンバイで賞が贈られる。

これまでにパリ西部の音楽複合施設「ラ・セーヌ・ミュジカル」や大分県立美術館、JR石巻線の女川駅舎などをの設計を手がけてきた。

坂さんは「建築家として初めて受賞したことを光栄に思う。建築でも人道支援を行えるのだと、約20年の活動が認められたのではないか。こうした活動には若い建築家たちも興味を抱き始めているので、動きは全世界に広がっていくだろう」と話している。

「マザー・テレサ社会正義賞」は2005年創設。これまでに、女子が教育を受ける権利を訴えてきたパキスタン出身のマララ・ユスフザイさんや、国境なき医師団(MSF)が受賞している。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント