15:42 2017年12月12日
東京+ 10°C
モスクワ-1°C
    インドでポルノ依存症対策アプリが開発される

    インドでポルノ依存症対策アプリが開発される

    CC0
    社会
    短縮 URL
    0 10

    インド・バナーラス・ヒンドゥー大学の神経学教授ビジェイ・ナス・ミシュラ氏が率いる開発グループが、宗教歌や祈り、政治家のスピーチを用いてポルノ依存症の克服を手助けする携帯アプリを開発した。

    スプートニク日本

    英紙ガーディアンによると、アプリの利用者が成人向けコンテンツを見つけようとすると、全ての悪を滅ぼすようシバ神に呼びかける歌から名前をとったアプリ「Har Har Mahadev」が、ヒンドゥー教の宗教歌やネルソン・マンデラのスピーチを再生する。近い将来に開発チームはレパートリーにイスラム教の祈りやマハトマ・ガンジーの演説、詩人ラビンドラナート・タゴールの言葉を追加する予定だという。

    インド政府が2015年夏、同国内で857個ものアダルトサイトへのアクセスを遮断したものの、大量の訴えによりアクセス禁止が解除されたことは記憶に新しい。

    大手ポルノサイト「PornHub」のデータによると、インドは米国と英国に続いて訪問数で3位を占める。また、2014年のデータでは、世界での女性の同サイト訪問率が23%なのに対し、インドでは25%と平均をわずかに上回る。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント