10:37 2018年01月18日
東京+ 8°C
モスクワ-9°C
    カザフスタン

    世界の放射能汚染地域ワースト9【写真】

    © AP Photo/
    社会
    短縮 URL
    21511

    軍事的な核実験は言わずもがな、平和利用を目的にした原子力さえも環境に取り返しのつかない悪影響を及ぼすおそれがある。スプートニクは地球で最も放射能に汚染された場所のランキングを紹介する。

    スプートニク日本

    1987年、ブラジル・ゴイアニア市で廃病院跡に放棄されていた治療のための照射装置が5人の命を奪う放射線源となった。内部の格納装置は珍しい青い光を発しており、ゴミ捨て業者の注意を引いた。彼らは家に持ち帰り、友人たちにお土産として青く光る粉を分け与えた。粉はセシウム137だった。放射能汚染は最も高いところで1時間あたり100から200に達した。

    ゴイアス州
    © AP Photo/ Eraldo Peres
    ゴイアス州

    30年前、英国で武器に用いるプルトニウムを生産するセラフィールド原子力施設が火災を起こし、その結果プルトニウムが放出された。この悲劇は何千人もの命を奪い、施設の所有者にも大きな物的被害をもたらした。

    セラフィールド原子力施設
    © AP Photo/ Dave Thompson
    セラフィールド原子力施設

    ワシントン州のハンフォード核施設は、1943年に設立されて以来、核兵器製造のための原子力エネルギーの開発を主な目的とし、放射性廃棄物により周辺地域を絶えず汚染していた。施設の閉鎖後でさえ、放射性核種の完全崩壊には数十年以上かかると見られている。

    ハンフォード核施設
    © AP Photo/ Manuel Valdes
    ハンフォード核施設

    ソマリアの住民は、この共和国の海岸付近で放射性廃棄物を投棄した欧州企業の指導部の犠牲者となった。この犯罪行為のおそろしい結果はソマリア人の健康に反映された。

    ソマリア
    © AP Photo/ Andrew Harnik
    ソマリア

    米デンバーでは客観的な理由により放射線量が高い。この都市は山岳地帯に位置し、大気層が薄いため、太陽光の放射線の影響が強い。高い放射線量は、地域内の大きなウラン鉱床によっても強まっている。

    デンバー
    © AP Photo/ Ed Andrieski
    デンバー

    冷戦時代、当時のソ連、現在はカザフスタン領土に位置するセミパラチンスク核実験場で核兵器のテストが行われていた。468回のテストが実施されたが、これらのテストの結果は依然として周辺地域の住民に残っている。あるデータによれば、約20万人がこの地域の放射線の被害を受けた。

    カザフスタン
    © AP Photo/
    カザフスタン

    1957年、閉鎖されたチェリャビンスク40(現オザルスク)に位置するマヤーク核技術施設で爆発が起きた。この事故はキシュティム事故と呼ばれている。この事故による死者数はまだ不明。被災地の除染はまだ完了していない。

    チェリャビンスク40
    © Sputnik/ Aleksandr Kondratuk
    チェリャビンスク40

    2011年3月、日本の福島第一原子力発電所でチェルノブイリ以来最も恐ろしい原子力事故が起きた。約16万5000人の地域住民が避難区域の自宅からの避難を余儀なくされた。

    福島
    © AP Photo/ Hiro Komae
    福島

    チェルノブイリ原子力発電所での大惨事は、ウクライナ全域とその向こうにその痕跡を残した。 Pripyat市の原子力発電所で4番目の電源装置が爆発し、大気に大量の放射線が放出された。ウクライナと近隣のベラルーシとロシアの大部分は汚染されていた。チェルノブイリ「hibakusha」は今日も死ぬ。

    チェルノブイリ
    © 写真: Valeriy Yurko
    チェルノブイリ

    関連ニュース

    世界各地の知られざる「死んだ」町

    タグ
    番付・ランキング, 環境
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント