21:31 2018年06月24日
WWF「メルケル氏はノルド・ストリーム2に終止符を」

WWF「メルケル氏はノルド・ストリーム2に終止符を」

© Flickr/ WWF-Canon Global Photo Network
社会
短縮 URL
208

世界自然保護基金(WWF)ドイツ支部とドイツ自然保護連盟(NABU)が、ドイツを代表する政治家らに対し、天然ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」の建設プロジェクトに終止符を打つよう要求している。関係する書簡が、連邦首相であるキリスト教民主同盟(CDU)のメルケル党首やキリスト教社会同盟(CSU)のホルスト・ゼーホーファー党首(バイエルン州首相)、社会民主党(SPD)のマルティン・シュルツ党首に宛てて送られたと、独紙「ターゲスシュピーゲル」が伝えている。

スプートニク日本

両環境保護団体の代表者らは、このガスパイプラインの国際プロジェクトがバルト海の生態系を乱し、欧州連合(EU)諸国間関係に対立を持ち込むものだとしている。

両団体は政治家らに対し、ノルド・ストリーム2と決別するだけでなく、同プロジェクトの「承認手続きに関する独立した、批判的検証」の実施に全力を傾けるよう求めている。同時に、裁判を通じてパイプラインの閉鎖を勝ち取ろうという構えも見せている。

パイプライン建設の事業会社である「ノルド・ストリーム2AG」社は既に、WWFとNABUによる告発内容を否定している。同社の広報担当者は、建設は環境規準を考慮に入れて実行されており、環境への干渉は「非常に限られた、また専ら一時的な性格のもの」だと説明している。

ノルド・ストリーム2の稼働開始は2019年末に予定されている。パイプラインはバルト海の海底を通り、ロシアとドイツの沿岸を結ぶ計画。パイプライン2系列のガス輸送能力は年間550億立方メートルに上る。

タグ
アンゲラ・メルケル, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント