13:57 2018年10月21日
シカの足(アーカイブ)

レストランのシェフが、抗議するビーガンの前でシカの足をカットして食べる【写真】

© Depositphotos / Tanict
社会
短縮 URL
1356

レストランのシェフが、抗議するビーガン(ヴィーガン)の前でシカの足をカットして食べた。なお現場に到着した警察は、シェフに理解を示した。

スプートニク日本

カナダのトロントにあるレストランAntlerのシェフで共同経営者のマイケル・ハンターさんは、レストランの前でプラカードを掲げて約1週間にわたって抗議するビーガンにかなり激しい形で反応した。

若者たちは平和的な抗議活動で「殺し屋」、「動物を殺してはならない」などと叫び、窓からレストランの中をのぞき込んだり、レストランに行かないよう客を説得しようとした。

堪忍袋の緒が切れたハンターさんは、窓の近くに大きなシカの足を持ってきてそれをカットし、調理した後、ビーガンの目の前で食べた。

ビーガンらはショックを受けた。彼らはこの全プロセスを撮影し、大々的に伝えた。

現場に到着した警官はシェフと話をした。笑顔から判断する限り、警官たちはシェフに理解を示したようだ。

タグ
食べ物, スキャンダル, 抗議, カナダ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント