06:09 2021年01月17日
社会
短縮 URL
スクリパリ氏服毒事件 (123)
145
でフォローする

毒物による襲撃を受けたロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の大佐だったセルゲイ・スクリパリ氏の娘のユリアさんの容態は大幅に改善した。スクリパリ氏の容態は依然変わりない。BBCが29日に報じた。

スプートニク日本

2人が入院している病院の主任医師クリスティン・ブランチャードさんは「ユリア・スクリパリさんの容態が向上したことを喜んでお伝えします。治療が効果を発揮しましたが、まだ24時間体制で医師のケアを受けています」と述べた。ロイターが報じた。

BBCロシア語放送の最新情報によると、ユリア・スクリパリさんが意識を取り戻し、話ができるという。スクリパリ氏の容態は変化がなく、「危篤状態だが安定している」と医師は評価する。

3月4日、英南西部ソールズベリーでスクリパリ氏と娘のユリアさんが何らかの物質の中毒により重体の状態で病院に搬送された。なおロシアでスクリパリ氏はスパイ行為で有罪判決を受けている。英国は襲撃事件にはロシアが関与していると主張しているが、未だにその証拠が提示されていない。

トピック
スクリパリ氏服毒事件 (123)
タグ
事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント