14:38 2018年08月17日
マリーナ・アブラモヴィッチ

アーチストのアブラモヴィッチ氏、パフォーマンスのため自身に100万ボルト通電へ

© Sputnik / Ekaterina Chesnokova
社会
短縮 URL
0 14

アーチストのマリーナ・アブラモヴィッチ氏が、英王立芸術院で催すパフォーマンスを予告したと、タイムズ紙が伝えている。

スプートニク日本

アブラモヴィッチ氏はショーのため、自身に100万ボルトの電圧で電流を通すという。指さすだけで1メートルの距離からロウソクの火を消すことが目的。

このパフォーマンスは2020年に向けて計画されている。ショーのための電気ショック装置は「Factum Arte」社が開発する。

同社の創業者であるアダム・ロウ氏は、「もし正しい形で人が充電されれば、指から出る電気の流れで、1メートル離れたロウソクの火を消せる」と説明している。

ロウ氏は、アブラモヴィッチ氏の他の大部分のパフォーマンスが、次に控えているものよりはるかに危険だと付け加えている。

アブラモヴィッチ氏はまた、ガラスの涙でできた机や、自身の体の形をした、血が噴き出す噴水を発表する。

タグ
びっくり, 芸術
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント