22:36 2018年11月15日
「口は食べるために創られた」ウガンダ大統領、オーラルセックスを禁止したい

「口は食べるために創られた」ウガンダ大統領、オーラルセックスを禁止したい

CC BY 2.0 / Jeanny / Sugar Lips
社会
短縮 URL
154

ウガンダのヨウェリ・ムセベニ大統領は、国内でのオーラルセックスを禁止したいと述べた。ニュースサイト「Metro」が報じた。

スプートニク日本

ムセベニ氏は「正しくない性的実践」の犯罪化キャンペーンの一環で、それに反対する演説を行った。ムセベニ氏は、こうした性行為を植え付けるのが一種の「異人」だとして、「口は食べるために創られた。セックスのためではない」と述べた。

32年連続で大統領の座についているムセベニ氏は、オーラルセックスを行う国民を迫害する方針だ。同国では、同性愛を禁止する法律もある。同性愛関係が発覚すると、初犯で最大14年間の禁固刑。2度めの同性愛行為や未成年、病人との性行為に対しては終身刑となる。

関連ニュース

ボリビア大統領、法廷で携帯でポルノ再生【動画】

台湾歯科医の開発によるオーラルセックス用入れ歯

タグ
セックス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント