17:56 2018年11月21日
スーツケース

なぜ外国人観光客は日本の空港にスーツケースを放置するのか?

© Fotolia / Monticellllo
社会
短縮 URL
1719

日本の主要空港の国際線ターミナルでは、外国人観光客が置き去りにしたスーツケースの問題が拡大している。なぜ日本を訪れる外国人観光客は、空港にスーツケースを放置するのだろうか?またこの現象によって日本の警察はどのような影響を被るのだろうか?

スプートニク日本

昨年、成田空港の出発ロビーでは、放置されたスーツケースが約250個見つかった。関西空港も負けてはいない。同空港では捨てられたスーツケースが2013年比3倍超の258個見つかった。

羽田空港では毎月10個以上の放置スーツケースが見つかっている。また千歳空港では毎年100個以上のスーツケースが置き去りにされている。

2020年東京オリンピック・パラリンピックが近づくにつれ、訪日外国人観光客の数は間違いなく増加するだろう。そのため放置スーツケースの数が増える可能性もある。

空港当局と警察は恐怖におののいている。なぜなら日本の法律では、置き去りにされたスーツケースは遺失物とみなされ、近くの警察署に届けられ、そこで少なくとも3ヶ月保管されるが、現時点ですでに十分な保管場所がないからだ。

さらに世界中でテロが増えている状況の中、放置されたスーツケースの爆発物あるいは危険物質の有無を1つずつ調べなければならない。これにより空港保安警備部の仕事が増える。

なぜこのような現象が起こっているのだろうか?最も可能性が高いのは、空港で荷物を預ける際に超過料金の支払いを避けるためだ。外国人旅行者たちは荷物を減らすために、大量に買ったお土産を新しく購入したかばんやスーツケースに詰め込み、古いスーツケースを捨て去っているとみられる。

関連ニュース

タグ
観光, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント