18:10 2018年12月14日
キツネザルに絶滅の危機 食肉用の密猟など原因

キツネザルに絶滅の危機 食肉用の密猟など原因

CC0 / Pixabay
社会
短縮 URL
0 05

世界に生息するキツネザルの95%が絶滅の危機に瀕している。BBCが国際自然保護連合(IUCN)の報告をもとに報じた。人間の活動が危機の原因だという。

スプートニク日本

研究者が算出したところ、キツネザル111種のうち105種が絶滅の危機に瀕しており、レッドリスト入りしている。IUCNの種の保存委員会のラス・ミッターマイヤー氏は、これが「マダガスカルのみに生息するキツネザルの非常に高い絶滅の危機」を物語っており、「マダガスカルの生物多様性全体に対する重大な脅威を示している」と警鐘を鳴らす。

キツネザルは食用や愛玩用動物として売ることを目的とした狩猟、そして違法な森林の伐採による生息地の現象に脅かされている。研究者らは、キツネザルが種を運び、森の再生産に一役買っていることを指摘し、その絶滅が取り返しのつかない損害をもたらすとしている。

関連ニュース

水族館から白昼堂々サメの子が誘拐 米テキサス州【動画】

露連邦保安庁、ヒグマを戦略的資源とすることを提案

タグ
環境, 動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント