12:22 2019年04月19日
路上の犯罪者射殺、リオの警察活動に許可

路上の犯罪者射殺、リオの警察活動に許可

© AFP 2019 / Tasso Marcelo
社会
短縮 URL
0 21

ブラジルのリオデジャネイロの街路は今後、武装した犯罪者を現場で殺害することを任務とする射撃手らによってパトロールされることになる。

スプートニク日本

自動式武器を携えたそのようなスペシャリストらによるチームが、スラム街で活動する警察に合流する。秩序監視の任務は2人1組の単位で割り当てられる。1人は手に持った火器で犯罪者を射殺し、もう1人は相棒の行為が適法であることを証明するため、出来事の全体をカメラで撮影する。

路上犯罪を厳しく鎮圧する計画は、2019年1月からリオデジャネイロ州知事に就任するウィルソン・ウィツェル連邦判事の主導で行われている。

ブラジルでは2017年、ほぼ6万4千件の殺人事件が記録され、この件数は世界の他のどの国と比べても多いものとなっている。

関連ニュース

米、メキシコ国境の兵士削減を計画 AP通信

ランバダの女性ボーカルが惨殺、すでに犯人1人は明らかに

タグ
ブラジル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント