23:18 2019年07月18日
ビッグマック

マクドナルド、EU域内で「ビッグマック」商標権を喪失

© Flickr/ Jeremy Brooks
社会
短縮 URL
0 62

「ビッグマック」の商標権を巡るアイルランドのファストフードチェーン「スーパーマックス」との争いで、米マクドナルドが敗訴した。商標権を取り消す判断を欧州連合知的財産庁(EUIPO)が下した。アイリッシュ・タイムズ紙が伝えている。

スプートニク日本

今回のEUIPOによる審理の結果は、スーパーマックスが英国内全域に自社のチェーン店を拡大していくことが認められる一方で、マクドナルドは今後、欧州連合(EU)域内で「ビッグマック」の商標権を有することができなくなることを意味している。

商標権の取り消しを求める申し立ては、EU域内でスーパーマックスが自社のチェーン店を拡大しようとしたことに対し、マクドナルドが妨害を試みたことを受けて行われた。これについてマクドナルドでは、消費者が「スーパーマック」という名称と自社のハンバーガー「ビッグマック」を混同することになると説明していた。

マクドナルドでは、今回のEUIPOによる判断に対して上訴する予定だとしたうえで、従来通り欧州全域で完全な商標権を有していると発表している。

タグ
食べ物, 食料, 食事, 欧州連合, マクドナルド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント