22:31 2019年03月22日
麻薬

ブルームバーグ​ ​​​麻薬​の入手可能度を測る「​悪習指数」作成 ロシアと日本は?

© Fotolia / Joebakal
社会
短縮 URL
0 04

ブルームバーグ​が​、世界​各国で麻薬​がどれだけ簡単に入手可能かを示す’​悪習指数を調べ、年次「ブルームバーグ・グローバル・バイス(悪習)指数」をまとめた。このランキングでは、違法薬物だけでなく、処方箋または市販されている素材と薬物も考慮されている。同​指数には、アンフェタミンやマリファナ、コカイン、オピオイド(各物質1gあたり)が含まれる。

スプートニク日本

指数は、個人の週間所得に​対する麻薬価格に基づ​いて算定された。まずブルームバーグは、国連の「世界​薬物報告書」のデータを基礎にし、次いで、1人当たりの年間GDPを年間の週数で割った 52を算出した。

その結果、ロシアは50カ国中48位だった。ブルームバーグの計算では、​悪習指数は週間所得211ドルに対し174ドルとな​った。これは所得の82.7%にあたる。​また​ロシアでは麻薬の販売は禁止されており、麻薬性のある薬は処方​がないと販売​してもらえない。

ロシアの​下位​に入ったの​は、中国の49位と日本の50位だった。これらの国民​にとっての麻薬の価格は週間所得の​それぞれ93.6%と95.2%の支出に相当した。

1位はルクセンブルク。 この国の住民は最も裕福であり、そして​悪習指数は197ドル​。つまりこれは週間所得の9%(週間所得は2191ドル)に相当する。

2位はオランダ9.2%、3位はウルグアイ11.5%だった。 米国では​麻薬を買うには週間所得1202ドル(44位)の70%以上を支出する必要があ​るが、米国のすぐ隣のカナダでは​、マリファナが合法化されている​上に、その入手には週間所得の35.6%​しか要らない。

麻薬の最低価格はラオスの21ドル。 最高はオーストラリアの1263ドルだった。

関連ニュース

国連、世界の麻薬生産がこれまでになく増加と発表

タグ
健康, 医学, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント