00:44 2019年10月17日
フェイスブック

フェイスブック、50年後には故ユーザーが生者を上回る

© Sputnik / Natalia Seliverstova
社会
短縮 URL
210
でフォローする

生前フェイスブックを利用していた死者の総数は50年以内に存命ユーザーの数を上回る可能性がある。英オックスフォード大学インターネット研究所が試算した結果を発表した。

スプートニク日本

試算によると、2100年までにユーザーの少なくとも14億人が死亡する。この場合、「死んだ」アカウントは2070年までに「生きた」アカウントの数を上回る。

研究では2つのケースを想定。ユーザーが全く増えない場合と、毎年13%ユーザー数が増加する場合だ。その上で研究班は、2つの仮定の間の数値が実際の数値だろうと指摘する。

フェイスブックが現在の成長率を維持した場合、死亡ユーザー数は21世紀末までに49億人に達する。 

研究班は、これが人類のデジタル遺産に深刻な影響を及ぼしうると断言。共著者の1人、デビッド・ワトソン氏は、これが人間の振る舞いと文化の膨大なアーカイブだと指摘。そのうえで、このアーカイブの管理が歴史の管理そのものであるとして、単一の営利目的の会社以外にもアーカイブへのアクセス権が確保されることが重要だと述べた。

筆頭著者のカール・オーマン氏は「この統計は、誰がこのデータすべての権利を有しており、遺族や故人の友人の利益に沿っていかに管理すべきか、そして将来の歴史家は過去の理解のためこれをいかに理解すべきか、という新たな難しい問題を提起しています」とまとめた。

オーマン氏は続けて、研究結果は予測ではなく、SNS全体の発展の方向を決める試みだと指摘した。

関連ニュース

タグ
SNS
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント