23:36 2020年08月11日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

アイスランドのスナイフェルスネス半島の南海岸で、約60頭のクジラが死んでいた。

それらクジラに気づいたのは、ヘリコプターで名所巡りをしていたアメリカ人観光客だった。

『北に向かってビーチの上空を飛んでいたら、それらが見えた。クジラなのか、アザラシなのか、イルカなのか分からないままにその辺りを一周した。着陸して、数えたところ約60頭だった』と、ジャーナリストらへのコメントの中で、観光客の一人であるデビット・シュワルジャンス氏は語った。

海洋生物学者のエッダ・マグヌスドティア氏によると、クジラは干潮で浅瀬に乗り上げたが、海に戻れなかったのではないかという。

関連ニュース

『シィーーッ!』 メスクジラが『ささやき声で』子どもを呼ぶ様子

タグ
アイスランド, 動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント