07:10 2019年11月16日
露正教会キリル総主教

露正教会キリル総主教が2020年に訪日

© AP Photo / Alexander Zemlianichenko
社会
短縮 URL
0 100
でフォローする

ロシア正教会のキリル総主教は2020年9月に日本を訪問し、日本正教会の創始者であるニコライ大主教(聖ニコライ)列聖50周年、日本正教会の自治教会承認50周年などの記念行事を取り仕切るほか、天皇陛下や日本政府の上層部とも会見する。

日本正教会(JAOC)は1870年から存在し、1970年、ロシア正教会に自治教会として承認された。日本正教会には東京、京都、仙台の3主教区が存在し、約60教区、40人の聖務執行者で構成されている。信者の総数は1万人と推定される。

ロシアでも、日本に正教を伝えた聖ニコライの功績が最注目されている。今年8月、聖ニコライの生誕地・トヴェリ州にある聖ニコライ教会では、記念像の除幕式が行なわれた。

近年、日本文化に詳しい東洋歴史学者のナタリア・エロフェーエワさんが、日本への正教会伝道に生涯を捧げた聖ニコライの足跡を追い、日露友好につなげるプロジェクト「聖ニコライの道:白樺から桜へ」を進めており、像の建立だけではなく、このプロジェクトの枠内で、桜の植樹や日露円卓会議なども行われている。

関連ニュース

タグ
露日関係
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント