06:33 2020年10月01日
社会
短縮 URL
0 21
でフォローする

エクアドルのクエンカ市の社会リハビリセンターの囚人らが同センターの中庭をプールに変え、水遊びをした。La Republica 紙が報じている。

同紙によると、囚人は屋内中庭の四方のドアを閉め、水を入れたところ、巨大なプールが誕生した。

ターネットに現れた動画では囚人が泳ぎ、ボール遊びをし、水に潜る様子が見られる。またバスケットボードを塔に見立てるなどしている。

近くに警備員などはいないようで、当局は調査を始めている。囚人らは、耐えがたい暑さからこのような行動に踏み切ったと説明している。

関連ニュース

タグ
エクアドル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント