02:23 2020年11月30日
社会
短縮 URL
0 01
でフォローする

日本では6月の第1週の時点で厳しい暑さから1194人が体調不良を訴え、そのうち2人が亡くなった。9日、総務省消防庁が発表した。死亡者が出たのは山形県と福島県の2県。また、14県で19人が重体となっている。

また、体調不良を訴えた人の36.8%が自宅の暑さが原因で、21%は野外、約14%が職場だった。東京では9日、気温が31度を上回っており、今後、暑さがさらに厳しくなる場合、体調を崩す人がさらに増加することが予想される。

報道によれば、日本では2019年に7万人が熱中症を発症し、そのうち126人が3亡くなっている。

関連ニュース

タグ
病気, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント