19:11 2021年04月13日
社会
短縮 URL
0 100
でフォローする

伴侶を無くした2匹のペンギンがあたかも互いを慰めあうように寄り添う姿を写した写真がオーシャノグラフィック誌のオーシャン・フォトグラフィック・アワーズで最優秀作品に選ばれた。

写真の撮影場所は豪メルボルンにあるセント・キルダ・ビーチ。撮影したのは独の写真家のトビアス・バームガートナーさん。

バームガートナーさんは、このペンギンたちがつい最近自分の伴侶と死に別れたという話を耳にした。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Tobias Baumgaertner (@tobiasvisuals)

セント・キルダ・ビーチにはおよそ1400匹の小型ペンギンが生息している。ペンギンは世界最小サイズのペンギンで、平均身長はわずか33センチ。ペンギンのコロニーの世話はボランティアたちが行っている。

これを撮影したバームガートナーさんはインスタグラムにこう書いている。

「ボランティアの1人がやってきて話してくれたんだ。白いほう、これはもう年よりのメスで伴侶を無くしたんだが、同じことが、まだ年の若いオスの身にも起きてね。以来、2匹はこうして定期的に会っては互いを慰め、何時間も一緒に町の灯を見つめているんだって。」

バームガートナーさんは3晩にわたって2匹を観察し続けた。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Tobias Baumgaertner (@tobiasvisuals)

「照明は一切禁止。それに不可能だしね。ペンギンのほうは小さいし、しょっちゅう動いて、互いの背中を羽でこすりあうわ、羽つくろいはするわ、シャッターチャンスを捉えるのは苦労した。それでも結果的には僕はラッキーだったよ。」 

スプートニクは以前、南極のペンギンの生息地が地球温暖化で泥と化している問題について取り上げている。

タグ
動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント