13:27 2021年01月24日
社会
短縮 URL
0 42
でフォローする

ローマ教皇フランシスコがインスタグラムのセクシーモデルの画像に再び「いいね」を記した。サイト「デイリー・ドット」が報じた。

教皇はマーゴット・フォックスさんという女性の写真を気に入った。報道によれば、彼女もセックスワーカーに人気のサービス「OnlyFans」にアカウントを開設している。ローマ教皇が賛同した写真では、彼女の顔は見ることができないが、露出の多い水着を纏った彼女の身体だけが撮影されている。

その後、ネットで聖職者の「いいね」に注目が集まったことから、女性は自身のインスタグラムのページを閉鎖したが、これは本当に彼女の投稿であると認めている。その際、750万人がフォローするローマ教皇のアカウントは誰に対しても登録をしていない。

11月中旬、ローマ教皇フランシスコは、ブラジル人モデルのナタリア・ガリボットさんの写真に「いいね」を記したとして話題となった。ネットユーザーらが、教皇がセクシーな制服姿の女性の写真を気に入ったことを発見した。しかし、まもなく、ローマ教皇の公式アカウントの登録から「いいね」が消去された。

バチカンは、「まさにどうやって『いいね』が記されたのか解明」するため調査を開始した。バチカンのプレスサービスに近しい情報筋は、教皇のプロフィールはスタッフグループが管理しているとコメントした。

タグ
ローマ法王
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント