03:40 2021年01月26日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

メキシコで石工として働く既婚男性のアルベルトさんは、愛人の既婚女性、パメラさんの家と自分の家をつなぐトンネルをつくったが、ある時、パメラさんの夫が予定よりも早く帰宅し、2人の関係が明るみになった。デイリー・メールが報じた。

この秘密のトンネルは、アルベルトさんとパメラさんが周囲に気づかれずに会うことを可能としていた。通常2人は、パメラさんの夫のホルヘさんが仕事に行っている間に会っていた。しかし、ある時、ホルヘさんがいつもより早く帰宅し、別の男性と一緒にいる妻を目撃した。

ホルヘさんははじめ、妻の愛人はベッドの下に隠れていると思って探したが、見つからなかった。その後、愛人がソファの後ろに隠れるのを目撃したが、愛人の姿はなかった。ホルヘさんは、ソファの近くに穴があることを発見した。この穴は、自宅の下のトンネルに通じていた。ホルヘさんは穴の中に入り、トンネルを歩いて行くと、アルベルトさんの自宅にたどり着いた。

アルベルトさんはホルヘさんに、不倫のことを自分の妻に話さないよう頼んだが、ホルヘさんはアルベルトさんの説得を受け入れなかった。結果、2人はつかみ合いのけんかを始めた。争いを終わらせるために、アルベルトさんは警官に連行された。

タグ
びっくり, メキシコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント