12:08 2021年01月24日
社会
短縮 URL
0 22
でフォローする

中国で人気の推理ドラマ「Who's the Murderer」の最新エピソードで、クリスマスツリーなどのクリスマスの飾りつけにモザイク処理が加えられた。環球時報が報じた。SNSでは、西側の価値観を宣伝しないようにするための制作者側の判断だという意見があるという。

同ドラマでは、各エピソードで出演者が証拠を探し、犯人を暴こうとする。カトリックのクリスマスを前に放送された最新エピソードの舞台となったのは、クリスマスの装飾が施されたホテルだった。同エピソードでは、出演者のクリスマスの帽子にもモザイクがかけられた

「Who's the Murderer」を放送している中国のMango TVは、最新エピソードでクリスマスの象徴にモザイクがかけられた理由について説明しなかった。

環球時報によると、SNSでは、西側の価値観を宣伝しているという非難をプロデューサーが避けようとしたという意見と、論争を巻き起こして番組に対する関心をさらに高めるためのPR活動だという意見に分かれているという。

関連ニュース

タグ
びっくり, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント