07:17 2021年04月21日
社会
短縮 URL
0 13
でフォローする

米フェイスブックは、2020年11月の米大統領選挙後に導入した政治広告の掲載禁止を解除すると発表した。

フェイスブックはサイトで「3月4日に米国で政治や選挙、社会問題に関連する広告の掲載を再開する。われわれは2020年11月の選挙後、混乱と悪用を避けるためにこの一時的な禁止を導入した」と発表した。

フェイスブックは、同社はこの選挙サイクルの過程で政治と選挙に関連する広告についてさらに情報を得たと指摘し、「結果として、このような広告が当社のサービスでどのように機能しているかを今後数カ月間でより詳しく調査し、どのような変更を加える必要があるかを理解する予定だ」と発表した。

先に、米グーグルも、1月のワシントンでの暴動を受け、ジョー・バイデン氏の大統領就任式の前に導入した政治広告の禁止を解除したと報じられた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント