08:40 2021年09月21日
社会
短縮 URL
0 80
でフォローする

クラクフ市在住の女性が木にぶら下げられたクロワッサンを奇妙な生き物だと勘違いしたことから、動物救助サービスに通報した。BBCが報じた。

報道によれば、この女性は同サービスに家の前のライラックの茂みにすでに数日にわたり何か茶色の物体が存在すると不安を訴えたという。同サービスは、住民は、奇妙な生物が家の中に入ってくるのが怖くて、窓を開けるのを躊躇していたと述べた。

動物救助サービスのオペレーターは、電話での問い合わせの際、その物体はイグアナかもしれないと推測した。しかし、スタッフが現場に到着すると、ライラックの枝に普通のクロワッサンがぶら下がっているのが発見された。専門家らは、家の誰かが鳥の餌にしようと窓から投げたのだろうと推測した。
タグ
動物, ポーランド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント