19:23 2021年07月24日
社会
短縮 URL
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (130)
0 30
でフォローする

プエルトリコ在住で112歳でギネスブックに世界最高齢者男性として登録されているエミリオ・フロレス・マルケス氏が長寿の秘訣を語った。ギネス・ワールドレコードのサイトが公表している。

マルケスさんはプエルトリコ島北西部で10人兄弟の長男として1908年8月8日に生まれた。家族経営のサトウキビ農園で働き、水まき、収穫を手伝った。マルケスさんは「子どもの中では年長だったので、農園で働くだけでなく、兄弟たちの面倒もみました」と語っている

マルケスさんは妻のアンドレア・ペレスさんとは2010年、死がふたりを分かつまで75年間連れ添った。二人の間には4人の子どもが生まれ、そのうち2人が元気に育ち、今でも父親のマルケスさんの世話を焼いている。マルケスさんは5人の孫、5人のひ孫に恵まれた。

マルケスさんは長寿の秘訣を常に憎しみではなく愛を選んできたことにあると語る。「父は私に愛をはぐくみ、回りの皆を愛することを教えてくれました。私と兄弟、姉妹らに善い行いを教え、それを分かち合うことを教えてくれました」

バルバドスの女性の100歳の最高齢者の女性が打ち明ける長寿の秘密についてはこちらからお読みいただけます。

関連ニュース

トピック
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (130)
タグ
高齢者
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント