サッカーロシア杯のメインスタジアム 60年間の変容の歴史サッカーロシア杯のメインスタジアム 60年間の変容の歴史サッカーロシア杯のメインスタジアム 60年間の変容の歴史

サッカーロシア杯のメインスタジアム 60年間の変容の歴史

CC BY 2.0 / Konstantin Malanchev / Luzhniki Stadium © Sputnik / Denis Grishkin © Sputnik / Alexey Kudenko
1 / 3
モスクワ
短縮 URL
0 21

モスクワのルジニキ・スタジアムは国際サッカー連盟(FIFA)の18年度ワールドカップ(W杯)ロシア大会のメインスタジアムとなる。スタジアムでは開会式と開幕戦、決勝戦が行われる。スプートニクはスタジアムの変容の歴史と現在の改装の様子をお伝えします。

スプートニク日本

スタジアムは50年代、非常に短い工期で建てられた。計画準備に3ヶ月、さらに15ヶ月が建設工事に費やされた。当初の姿は今日のものとは程遠いが、大掛かりな改修を数度経たことを考えると驚きではない。

スタジアムの開会式は1956年7月31日に行われた。当時の名前はレーニン記念中央スタジアムだった。

ルジニキ・スタジアム(1956年)
© Sputnik / Yuryi Abramochkin
ルジニキ・スタジアム(1956年)

最初の改修工事は1980年モスクワオリンピック前に行われた。内装が主に改められ、プレスセンターや審判団や賓客用の部屋、ドーピング検査室、その他こうしたレベルの試合に必要な設備が作られた。

1980年モスクワオリンピック
© Sputnik / Vladimir Akimov
1980年モスクワオリンピック

またモスクワ市850周年(1997年)を記念し、スタジアムには重さ1万5000トンの屋根が現れた。屋根の設置のためスタジアムの周りには26メートルの高さの鋼鉄製の柱72本が取り付けられた。

ルジニキ・スタジアム(1996年)
© Sputnik / Yuriy Zaritovskiy
ルジニキ・スタジアム(1996年)

ロシア杯に向けた改装工事の一環で、ルジニキの屋根が11メートル延長され、収容人数が3000席増やされ8万1000席となった。加えて、多数の最新技術が導入された。例えばそれは、フィールドをケアする排水システムやゴールの自動判別システムなどだ。改装後は出口の数も13個から22個に増え、スタジアムのどこにいても15分で外に出られるようになる。

  • ルジニキ・スタジアム(2017年)
    ルジニキ・スタジアム(2017年)
    © Sputnik / Evgeny Biyatov
  • ルジニキ・スタジアム(2017年)
    ルジニキ・スタジアム(2017年)
    © Sputnik / Alexey Filippov
  • ルジニキ・スタジアム(2017年)
    ルジニキ・スタジアム(2017年)
    © Sputnik / АAlexey Filippov
  • ルジニキ・スタジアム(2017年)
    ルジニキ・スタジアム(2017年)
    © Sputnik / Vladimir Astapkovich
1 / 4
© Sputnik / Evgeny Biyatov
ルジニキ・スタジアム(2017年)
タグ
2018年のロシアW杯
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント