02:27 2017年08月18日
東京+ 25°C
モスクワ+ 24°C
    ナルィシキン下院議長と安倍首相との会見に関する情報 確認されず

    露下院議長の訪日、プーチン大統領訪日の先駆けとなるか

    © Sputnik/ Sergei Guneyev
    オピニオン
    短縮 URL
    リュドミラ サーキャン
    0 21022

    20日、ロシア下院(国家会議)のナルィシキン議長が日本訪問を開始した。20日午前、ナルィシキン議長は、日本におけるロシア文化フェスティバルの5年間の開催計画に関する調印式に出席した。ナルィシキン議長の訪日では、安倍首相との会談を含め、多くの会談が予定されている。20日には衆議院議長ならびに参議院議長との会談が行われた。ナルィシキン議長は山崎参議院議長との会談後、「私たちは、両国の相互関係や、経済、政治、人道分野における露日間の協力が、大きな独自の価値を持っており、両国の人々の生活向上に寄与していると考えている」と述べた。

    このほかナルィシキン下院議長は第10回「日本におけるロシア文化フェスティバル」開幕式、両国の2大メディアである「ロシア新聞」、毎日新聞の共同主催による第3回露日フォーラム「ビジネス、投資、スポーツの接点」の開幕式で演説を行なう。

    21日に実施のフォーラム参加者は露日相互関係における最も将来性の高い分野に関する問題を直接的に話し合う。議題にはエネルギー問題、協力のアクチュアルなプロジェクト、LNGの技術交換計画、日本人投資家に開かれるロシアの諸地域への可能性、交通運輸、エンジニアリング・インフラ分野の共同プロジェクトが挙げられた。フォーラムのセクションには極東の今後の開発が取り上げられている。今年ロシアでは極東において「リードする発展領域(TOR)」を実践的に創設する調整メカニズム法が採択されており、これによって1年前、「リードする発展領域」が題目ばかりで、疑問ばかりを呼んでいたことに比べると、経済協力の将来性はずっと明確になっている。

    ガイダール記念経済政策研究所、国際取引ラボのアレクサンドル・クノベリ副所長は、ロシアにとって日本との経済協力がいかに重要かについて、次のように語っている。

    「経済パートナーとしての日本の重みはいくら言っても誇張しすぎることはない。

    まず日本は世界で3番目の経済大国だ。そして技術大国でもある。このため日本との協力は自然と拡大してゆく。それはロシアに必要なのは単に投資ではなく、新たな技術だからだ。

    この意味で日本は極東においては最良のパートナーといえる。このためにせねばならない第1歩はハイテク諸国、これには日本も含まれるが、そうした国からの投資を呼び込むために最大限に最適な条件を生み出さねばならない。日本が特恵的な投資、取引ができるアクセスを開くべきだと私は思う。これによって技術、技術的ソリューション、最も進んだ経営マネージメントの転移が促されるはずだ。原則として経済関係の多角化はいいことなのだ。ロシアがアジア諸国との経済相互関係の拡大、深化の道を探っていることは素晴らしいが、このことは自国の技術発展を目指す上でどんな長期的な関心にたって、正しく最優先課題を見極める事が必要だ。極東の最優先課題の中で私が大事だと思うのは、まずなんといっても日本と韓国との経済協力であり、中国との関係はその次になるだろう。」

    ロシア代表団側は今回の訪日がプーチン大統領の訪日の前触れとなることも除外していない。ナルィシキン下院議長と安倍首相の会談がこれに対するなんらかのてこ入れとなる可能性もある。両国の専門家社会の重鎮らが集まるフォーラムは、非常に野心的課題を掲げている。それはより集中的、効果的経済関係の提案を選択すること、露日間のガスパイプライン敷設、両国のビザ制度の緩和、平和条約の締結までを含んだ大掛かりなものだ。

     

     

    関連:

    安倍首相、ナルィシキン露下院議長と会談実施を決定
    ナルィシキン下院議長、訪日でクリル諸島、ウクライナ、制裁を討議
    タグ
    日本関連, 露日関係
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント