10:25 2017年11月19日
東京+ 10°C
モスクワ+ 2°C
    日本政府は沖縄の民意を無視した

    日本政府は沖縄の民意を無視した

    © 写真: Ricymar Photography
    オピニオン
    短縮 URL
    1588102

    日本政府は27日、沖縄県の辺野古埋め立て許可の取り消しに対する通知を無効であると通知した。石井国交相は記者会見において、沖縄県の新基地建設反対の動きについて「日米同盟とアメリカとの信頼関係においてマイナスの影響を及ぼすかもしれない」と述べた。さらに、新基地建設が取り消しとなれば、現在普天間基地が位置している宜野湾市の市民の安全も、それだけ長く脅威にさらされることになる、と言及した。

    このような政府の決定に対して、民主党沖縄県連の花城正樹代表は、政府はいつも同じことを繰り返している、として遺憾の意を示した。

    「県民の民意が出されたにも関わらず、組織が組織を訴え、国が法的な執行を無効にするという手続きに関して遺憾の意を示しています。安全保障が国全体として必要だという認識であるなら、ちゃんと沖縄県の民意に寄り添った形で手続きを踏んでいくのが筋です。基地問題に対して日本政府がこのように高圧的に対処していくということは民主主義ではない、とさえ思っています。」

    とはいえ、このような日本政府の反応は予想できたことだ。例えば、大概のロシア人専門家たちは、日本政府が、米軍基地があることに疲れきっている沖縄の民意を無視するだろうと考えていた。この出来事はこれからどのように展開していくのか。これは沖縄県民が自分たちの権利を主張し通すかどうかにかかっている。問題は沖縄の美しい自然が建設機械によって破壊されることだけではない。この地域の、アメリカと中国による縄張り争いの先鋭化の中では、米軍基地が沖縄にあるということは沖縄の安全を強めることにはならず、むしろ逆である。もし米中の縄張り争いがエスカレートし、オープンに敵対抗争するようになれば、沖縄の米軍基地は中国のミサイルの照準となる可能性もあるのだ。アメリカが、中国が立場を強めている地域においてアメリカ自身の軍事力を積極的に行使していることを考慮すれば、これは空想のシナリオではない。

    関連:

    沖縄でサーファー サメに襲われる
    沖縄県知事、米軍基地移設許可を取り消し
    民主党沖縄県連・花城代表「沖縄県民は日米両政府に、たらい回しにされている」
    沖縄県 国連に米軍基地移設問題への介入を要請
    タグ
    日米関係, 日本, 沖縄
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント