01:16 2017年09月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 11°C
    愛

    セックスが日本経済を破壊する?

    © Sputnik/ Mikhail Mordasov
    オピニオン
    短縮 URL
    タチヤナ フロニ
    9475496026

    日本ではここ数年、性的反革命とも言うべきものが生じている。日本の若者達が、もはやデートもせず結婚もしないばかりか、セックスも欲しなくなっているというのだ。この現象は「独身症候群」と呼ばれ、社会学者らは、すでに数年前から指摘してきた。

    日本の国立社会保障・人口問題研究所は、18歳から34歳の独身男性の61%、独身女性の49%が、いかなる恋愛状態にもないというデータを引用している。一方日本家族計画協会(JFPA)は、16歳から24世の女性の45%が、性的コンタクトに関心が無いか、嫌悪感を抱いていると明らかにした。そうしたことから専門家らは、今後ますます日本の若者達が、家族や子供を持たなくなって行けば、問題は、深刻化するばかりだと憂慮している。

    日本の若者は、アニメの主人公達の恋愛物語を喜んで見るが、自分自身が現実のロマンスの主人公になる事を望んでいない。なぜそうしたくないかについて、日本の若者達は、相手に気に入られるようにするにはあまりに多くの努力が必要である事、休日の自分のプランがデートによりつぶれてしまう事などをあげている。

    スプートニク日本のタチヤナ・フロニ記者は「そうした日本の若者の状況をロシアの専門家は、どう見ているのか?」人口動態学・移民・地域発展研究所監督評議会のユーリイ・クルプノフ議長に話を聞いた。議長は「セックスと家族の無い生活という現象は、社会の中で拡大するエゴイズムによって説明できる」と考えている-

    「若い人達は、家族を築き子供を持ちたがらない。それは、自分にさらなる責任が加わるからだ。彼らは、子供達が主な位置を占めてきた伝統的な家族的価値観から、ますます離れようとしている。今や家族は危機的状態にあると言ってもよい。もしこうした傾向が続くなら、近い将来、みなさんの生活からは愛も消えてしまうだろう。肝心なのは、ぎりぎりのところで何によって家族が形作られているかということだ。日本では、すでに性的関係も拒否されている。彼らの生活にもし、セックスが存在しているのであれば、それは、本当の性的関係の一種の代用であり、そこには2人の関係に対する責任や精神性は除外されるという、一種の暗黙の了解がある。

    その方が楽だし、キャリア作りも容易だ。生活も心地よい。もちろん、人類が絶滅に向かって進むとは誰も言わないだろう。しかし伝統的なしっかりとした家族がないなら、社会は崩壊し始める。なぜなら、個人的関係において、近しい他者に対する責任を拒否するのであれば、国や社会の秩序に対する責任も、この先放棄する誘惑に駆られるからである。」

    現在の日本の若者達の、他者に対して恒常的に恋愛感情や性的欲求を抱かないアセクシュアル的特徴は、欧米の人々にはあまりよく分からない日本人の、さらにもう一つの特殊性、特質として、受け止め理解できるかもしれない。もし例え、そうした見方に完全には賛成できないとしても、日本では、老齢者、年金生活者がますます増えており、彼らを自分達の税金で保障しなくてはならない世代の人口は、ますます減っている。そうした状況は、経済的な崩壊の危険をはらんでいる。これについてクルプノフ議長は「日本が、世界第三位の経済と巨額の国家債務を持つ国である事を考慮に入れるなら、現状は、実に恐るべきもののように思える」と指摘し、次のように語った-

    「日本における人口動態学的問題は、実際のところ、危機的な意味合いを持っている。日本は、世界で最も人口問題が困難な状態にある5つの国のうちに入っている。日本の経済専門家らは、人口がこのままどんどん減って行けば、つまるところ、経済は落ち込んでしまうと警鐘を鳴らしている。そして日本の人口動態学的状況をさらに厳しいものにしているのが、生活コストの高さだ。最新式の携帯用の電子機器などガジェットの普及率が高いのも、驚くべき事ではない。こうしたハイテクが、日本人に、所謂バーチャル世界に逃避する可能性を、ますます多く与えている。」

    こうした状況の中、日本の若者が、家族を作り、彼らを守り扶養する事が、バーチャル世界のものではない本物の、感情を持った完全な人間的生活を自分にもたらしてくれると確信するのは、益々難しいものになっている。

    関連:

    社会調査で世界で最もセックスに満足している国が明らかに
    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント