01:43 2017年07月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 27°C
    在モスクワ日本人を魅了のロシア産霜降り肉、JALビジネス機内食へ

    在モスクワ日本人を魅了のロシア産霜降り肉、JALビジネス機内食へ

    © Flickr/ baron valium
    オピニオン
    短縮 URL
    0 1427211

    編集部より:弊紙編集記者タチアナフロニによる2016年6月13日付掲載記事「在モスクワ日本人を魅了のロシア産霜降り肉、JALビジネス機内食へ」、2016年7月15日付掲載記事「日本人専門家が露旅客機MS21はボーイングとエアバスの類似機体を超越と絶賛」については、その記事内容の多くをJapanBusinessPress及びそれぞれの記事執筆者である菅原信夫氏、渡邊光太郎氏より無断拝借したことを確認し、深くお詫びするとものです。

    ロシアには昔から「良いことのない惨事なし」ということわざがある。悪いことが起きても、必ずそこには良いことも隠されているという意味だ。西側の開始した対露制裁への対抗措置としてロシアが高い質の牛肉の輸入を停止したことが追い風となって、ロシアの国内食肉産業は飛躍的な成長を遂げた。そんな中には日本人が大好きな、あの霜降り肉もある。

    ロシア産の霜降り牛肉を生産する「ミラトルグ」。そのとろけるようなお味を是非とも試してみたいと思われたら、モスクワのレストラン「魚ありません(リーブィ・ニェット)」を訪れてほしい。「魚ありません」をオープンさせたのはロシアのアルカジア・ノヴィコフ・グループ。ノヴィコフは西側世界でも数々の最高級レストランを所有し、レストラン王の名を欲しいままにした存在。食肉生産業「ミラトルグ」は世界最高峰の肉と誉れ高いスコットランドの肉牛、アバディーン・アンガスを飼育している。「ミラトルグ」社は創業当初たった数頭の肉牛を扱うだけだったが、今やその数は20万頭にまで拡大された。「ミラトルグ」社のアレクサンドル・ニキーチン副社長のインタビューをご紹介しよう。

    「モスクワには『魚ありません』という名前のレストランがあり、実際、日本人観光客、ビジネスマンの間で人気スポットとなっている。この成功の理由は2つある。

    1つはもちろん肉の質が高いこと。まずは牧草がよい。それから世界最高の遺伝学で繁殖のための牛を豪州、米国から連れてきている。また飼料の与え方にも秘密がある。とうもろこしを200日間与えることで肉を霜降りにする。その先のプロセスはミラトルグが使うものは最新の方法で最高の国際基準レベルだ。

    このため明日にでもロシア市場が輸入牛肉に開放されたとしても、米国も豪州も我々には目ではない。質、価格ともにライバルにはなりえないからだ。

    それだけではない。我々のほうも米国市場への輸出できる準備が整っている。中東だろうと日本だろうと韓国、中国だろうと相手先になる。すでにアラブ首長国連邦には供給を行なっているが、この国の市場には米国、豪州のプロダクトが出回っているにもかかわらず、そうした肉と同等に並んで競争を展開している。

    日本のディストリビューターともすでに顔合わせとしているが、彼らは日本のレストランや大規模チェーン、ホテル向けの市場で我々の肉を扱おうとしており、現在認証手続きが終わるのを待っている。日本人自身がこんなことまで言った。ミラトルグの肉を使っているレストラン『魚ありません』で出されているようなステーキは米国でも豪州でも日本でさえも食べたことはないと。」

    「魚ありません」はクレムリンのすぐそばにある小規模なレストランだが、ほとんど毎日日本人のグループが複数訪れているため、席は前もって予約しないといけない。こんな人気の高いレストランの出す「ミラトルグ」の肉にJAL航空モスクワ支社が目をつけたのも偶然ではない。JALモスクワ支社は機内サービスに「ミラトルグ」のステーキを出す可能性について東京の本社と交渉を開始した。これについてニキーチン副社長はさらに次のように語っている。

    「日本との交渉は1年以上前から始められており、最初は日本産牛肉を輸入する提案があった。これらはモスクワで最もプレミアム級の和食レストラン『セイジ』と『メグ』に卸されているものだ。その後、日本側は今度はロシア産の牛肉を日本に輸出する提案をしてきた。現時点では残念ながらロシアは日本市場に畜産品を輸出するアクセス権を有していない。

    今、ロシア農業監督庁と日本の農林水産省生産局畜産部の間で交渉が積極的に行なわれている。とはいえ交渉は我々の望むようなスピードでは進んでいない。ただし解決策は見出された。最初の試みとして我々の牛肉をJALのモスクワー東京間のビジネスクラスで使う試みが提案された。なぜならモスクワ発の便はモスクワで食料を積み込むため、これについてはロシア側の畜産の監督許可の守備範囲だからだ。

    日本人は非常に要求が高い。このためJALのシェフが我々の元を訪れ、農園もえさやりも生産の全工程を視察した。このほか「ミラトルグ」の肉の様々な焼き加減テストが行なわれ、もちろんのこと『魚ありません』レストランも視察された。このテスト、視察期間だけでも半年はかかったが、これでやっとこの夏からモスクワ-東京間のビジネスクラスのメニューにロシア産牛肉が登場することになっている。」

    タグ
    露日関係
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント