05:25 2018年01月23日
東京+ 0°C
モスクワ-10°C
    東京五輪

    日本、五輪を経済成長と関連づける

    © Flickr/ Jorge Brazil
    オピニオン
    短縮 URL
    リュドミラ サーキャン
    3314

    日本は2020年東京五輪を観にやってくる観客に感激してもらおうと、安全、快適さ、イベント性に一番の重点を置く構えだ。安倍首相はすでに大々的なコマーシャルに打って出た。リオ五輪閉幕式でスーパーマリオに扮して登場し、会場をあっといわせた。スーパーマリオといえば1985年に任天堂が発売を開始し、全世界を風靡した人気ゲームだ。

    経済ニュースサイトの「マーケットウォッチ」は安倍首相は、東京五輪が日本経済支援に一役買い、スポーツ関連部門の生活に新風を吹き込んでくれると期待していると書いている。日本政府はすでに五輪のスタジアムおよびその他のインフラ施設建設に73億ドルを拠出した。この値は著しく増えるものと予想される。なぜなら巨額の投資が交通運輸網の刷新にもつぎ込まれる計画だからだ。日銀の評価ではこの投資はこれからの2-3年、日本のGDP成長率の毎年0.3%ほど押し上げるとされている。

    安倍氏はスポーツは日本の名目GDPを2015年と比較し20%引上げる可能性を秘めた重要な分野と指摘。日本ではスポーツと関連した産業部門はスポーツ用品の生産、販売、スポーツ施設の利用、スポーツ競技の観戦を含め、2002年から2012年の間の10年で20%落ち込んだ。これは人口動態状況と関連している。五輪準備では新たな投資は新たな施設の建設、古い施設の建て直し、スポーツ観光の振興に充当される。バーやレストランでのスポーツ観戦をより普及させるための措置もとられる。世論調査の結果、日本人がスポーツイベントに支払う額は年間一人当たりわずか6.6ドルであることが明らかとなった。こうすることで日本政府はスポーツセクターの収益を2020年までに2倍に、2025年までに3倍にふやそうと目論んでいる。このほかにも安倍首相は五輪によって毎年の外国人観光客のインバウンドのレベルが上がり、2020年までには年間4千万人に達してほしいと期待している。

    ロシア科学アカデミー極東研究所、日本調査センターのヴァレリー・キスタノフ所長は安倍首相のスーパーマリオによるデモンストレーションについて、次のように語っている。

    「マリオ姿の安倍氏の登場には度肝を抜かれた。可笑しくもある。日本の文化では首相がみんなを笑わせようとすることはない。これは安倍氏が東京五輪はハイレベルで行なわれて欲しいと切望していることに関係するのではないか。東京五輪周辺オリンピックのエンブレムが盗用されていただの、設計家たちが水増し請求していただのとすでにいくつかのスキャンダルが起きている。安倍氏の立場は容易ではない社会経済状況から困難なものとなった。給与は上がらない。国民感情もあまりよくない。だから安倍氏にとってはマリオに扮装したのはもうひとつ、国民の気持ちを高揚させる手段だったのかもしれない。」

    日本国民の気持ちを一番盛り上げてくれたのはリオで41ものメダルを勝ち取った日本人選手団だった。このメダル数は史上最多であり、しかも金メダルの総数でも日本は世界で6位にまでのぼりつめたのだ。前向きな動きはすでに見られる。北京五輪では8位、ロンドン五輪では10位だった日本が6位にまでのし上がったのだから。2020年の東京五輪ではおそらくもっと上を狙うことにターゲットが絞られるだろう。

    とはいえ、東京五輪そのものはおそらく安倍首相ぬきで行なわれる。安倍氏の首相就任期間は2017年12月で終わるからだ。これについてキスタノフ所長は次のように語っている。

    「安倍氏が例外という形で3期目も現職に残りたがっているという噂があった。安倍氏は後になってこの噂を否定はしたが…。自民党内でも安倍氏は3期目も出るのではないかという見解が聞かれる。とはいえ、そのためには規約の修正が必要となる。」

    リオ五輪では安倍首相は扮装しただけにとどまらず、ちゃんとIOCのトーマス・バッハ会長とも会談を行っている。会談では2020年五輪の組織とドーピング対策に関連したあらゆる問題の協調行動が取り上げられた。

    関連:

    ロシア、五輪のメダル競争で4位に
    五輪村でロシア国旗が冒涜される
    タグ
    五輪, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント