06:57 2017年03月24日
東京+ 8°C
モスクワ+ 5°C
    露米外相、オプティミズムの対価について冗談を交わす

    露米外相、オプティミズムの対価について冗談を交わす

    © Sputnik/ Eduard Pesov
    政治
    短縮 URL
    0 50620

    ロシアのラヴロフ外相はイラン核開発問題をめぐる交渉が行われているスイスのローザンヌで米国のケリー国務長官と会談した。

    両国外相は会談前、自分たちと記者らのための、一種の「ウォームアップ」を行った。

    記者団の中からロシア外相宛に、交渉を楽観視しているか、との問いかけがなされた。ラヴロフ外相はこれに対し、オプティミズムは儲からない、と答え、居合わせた人の微笑を買った。

    対してケリー長官は、「オプティミズムに対して十分な対価を貰っていない、ということですか」と応じ、一層その場を沸かせた。

    ローザンヌ交渉で両国外相は、イラン核開発問題の包括的解決に向けどのような方策を取ったらよいかということについて、意見を交換した。

    また両国外相は、中東情勢を中心に、焦眉の地域および国際問題について討議した。

    タグ
    日米関係, 戦争・紛争・対立・外交, ジョン・ケリー, セルゲイ・ラヴロフ, スイス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント