21:49 2018年09月21日
シリアのアサド大統領

シリア大統領「IS」を「西側の過激派プロジェクト」と断言

© AP Photo / Syrian Presidency via Facebook
政治
短縮 URL
0 442

15日、シリアのアサド大統領は、ロシアの一連のマスコミ取材を受け、インタビューに応じた。その中で大統領は、シリア及び中東全体の状況に関わる最も差し迫った諸問題に触れた。具体的に言えば、テロリズムとの戦い、シリアの国内情勢、欧州に大量に流れ込む移民といった問題だ。

アサド大統領は、「IS(イスラム国)」や「ヌスラ戦線(シリア、レバノンにおけるアルカイダの下部組織)」といったグループについて「西側の過激派プロジェクトの一環だ」と指摘し次のように続けたー

「『イスラム国』も『ヌスラ戦線』も、毒を持ったイデオロギーを広めるため西側によって作られた政治組織の第三の波に属するグループだ。第一の波として『ムスリム同胞団』があり、第二の波としては『アルカイダ』があった。『アルカイダ』は、アフガニスタンでソ連に対し戦った。『イスラム国』は、国家でも、あるいは半国家的な形成物でさえもない。テログループが、紙幣や切手を印刷したりパスポートを発行したりしても、本当の国家になれるわけはない。『イスラム国』のテロリストらには、国民と共有するものが何もない。彼らが奪った土地に住む人々は、本当の国、つまり自分の祖国に逃亡したり、武器を取って彼らと戦うかしている。」

このように述べたアサド大統領は、西側諸国が「イスラム国」や「ヌスラ戦線」のテロリストらを援助しているのは「確かな事実である」として、次のように述べたー

「我々は皆『ヌスラ戦線』と『IS』に対し、西側と密接な関係を持つトルコが武器や資金、さらには義勇兵を補給していることを知っている。トルコのエルドアン大統領とダウトオール首相は、まず第一に米国、そしてその他の西側諸国の同意なしには、一歩も進めない。この地域で『ヌスラ戦線』も『IS』も共に自分達の力を伸ばす事が出来るのは、定期的に引っ張り出して利用できるテロリズムを切り札とみなして、彼らを養っている西側政治家のおかげだ。」

このように述べたアサド大統領は「テロリストのメンバーについて触れ、シリア国内では、90以上の国々から来た人達が、テロリストの側に立って戦っている」と伝える一方で「シリア政府軍は、国内に留まるシリア国民のみが頼りだが、まだ余力が残っている」と述べた。

またインタビューの中でアサド大統領は、テロリズムとの戦いにおいてイランの側から示されている援助について触れ「イラン政府は、シリア政府に対し、積極的な軍事技術援助をしているが、イラン軍部隊はシリア領内には存在しない」と言明した。

さらにアサド大統領は、米国が「IS」との戦いにおいて、シリア当局との協力を拒否している事について触れ、そうした行動は「近視眼的」で「頑固」だと批判した。なおシリアの国内情勢について、アサド大統領は、シリアの様々な政党、組織の間で、国の未来に関し一つの意見を見つけるため、話し合いが続けられていると伝えた。

またインタビューの中で、アサド大統領は、自身の進退の問題についても触れ次のように述べた-

「この問題を決定できるのは、シリア国民だけだ。なぜならシリアにおける大統領は、選挙を通じ国民の同意を得て、権力の座につくからだ。もし大統領が、その座を去るとしても、それは国民の要求に基づくものだ。米国の決定によるものではない。西側では、私に反対する宣伝キャンペーンが展開されているが、これは反プーチン・キャンペーンとよく似ている。」

このように指摘した、アサド大統領は、さらに次のように続けたー

「シリアでの事は、あなた方のところで行われている事によく似ている。西側のマスコミがウクライナでクーデターが起きた当初から、どう報道して来たかに注意を向けて見ればよく分かる。彼らにとって、プーチン大統領は、自分達の友人から敵に変わり、ロシアの野党を弾圧する独裁的なツァーリとなった。そしてプーチン氏は、西側でも認められた民主的な選挙の結果、選ばれたにもかかわらず、非民主主義的なやり方で権力の座についたなどと批判された。今や彼らにとって、それはもはや民主主義ではないのだ。すべて西側流の情報キャンペーンだ。」

このように強調したアサド大統領は、最後に欧州での移民危機に触れ、自身の見解を述べた-

「今欧州が直面している移民問題は、彼ら自身に罪がある。ダブルスタンダードを使い分けてきた事の結果だ。それなのに彼らは、あたかも罪は、資金を拠出しなかったとか、組織的な移民を保障できなかったとかにあるとし、地中海横断を試みた難民が溺死した理由はなぜかとか、別の問題にすり替えようとしている。」

タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント