18:21 2019年06月27日
ロシア外務省のザハロワ報道官

ロシア外務省:ロシアがシリアで空爆しているのはISの拠点ではないとする主張は作り話

© Sputnik / Anton Denisov
政治
短縮 URL
2270

ロシア外務省のザハロワ報道官は8日、ロシアがシリアで空爆しているのは、テロ組織「IS(イスラム国)」の拠点ではないとする主張を否定する声明を表した。

ザハロワ報道官は、「ロシアがシリアで空爆しているのはISの拠点ではなく、野党勢力と一般市民だとする主張は、作り話だ」と述べた。

ザハロワ報道官は、ロシア外務省はシリアでの作戦に関するマスコミ報道に客観性の傾向があることを指摘しているが、それでも従来通り、ロシアの目的と行動を歪曲しようとする試みが行われていると指摘した。

また報道官は、次のように語った‐

「ロシアの前に掲げられている優先目的について述べるならば、それは、シリアの国家機関の強化、テロに対する共同の戦いを組織することだ。強調するが、私たちは地域のパートナーを含む全員に、シリアではロシア航空宇宙軍が、国際的テロリストであるISやその他のテロ組織と戦う為だけに使用されるということを明確に、そしてはっきりと通知した」。

関連:

米国 シリアに飛行禁止空域を設置したらロシアとの衝突が発生する恐れがあると危惧
シリアにおけるロシアの空爆作戦「IS」志願者の流れを止める
ロシア海軍カスピ小艦隊 シリアの「IS」をロケット砲攻撃 (動画)
プーチン大統領、シリアにおける軍事作戦の中間結果を高く評価
ロシア国防省 シリアでのISとの戦いで米国との調整を受け入れる可能性
タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント