00:12 2018年09月24日
NATOのアレキサンダー・バーシュボウ事務次長

NATO事務次長:NATOはロシアとの関係を悪化させるべきではない

© AFP 2018 / Attila Kisbenedek
政治
短縮 URL
2110

NATOのアレキサンダー・バーシュボウ事務次長は、NATOとロシアは、立場が異なるとしても、不要な関係悪化を避けるべきだとの考えを表した。

バーシュボウ事務次長は、誤解を避け、トラブルを防止するために、双方は関係の大きな透明性と予見可能性を維持するべきだとの確信を示した。

また事務次長は、NATOはロシアに対する政策を修正する必要があるとの考えを表したうえで、「ロシアはNATOと深くかかわりあうことを考えることさえもやめるべきである」と警告した。

バーシュボウ事務次長は2000年代初期、駐ロシア米国大使を務め、欧州におけるNATO強硬政策の支持者であることで知られている。テレビ局「ロシア24」が報じた。

 

 

関連:

戦略に変化? NATOがキエフにミンスク合意遂行を呼びかけ
英国労働党党首、NATOを敵にまわし、プーチン氏の味方に
NATO、ウクライナ問題解決を拒否
「ミイラ取りがミイラになる」 NATO陣営の市民、他加盟国の危機に無関心
タグ
NATO
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント