06:17 2017年11月22日
東京+ 5°C
モスクワ+ 0°C
    フランス旗

    オランド大統領 ISとの戦争を宣言し、統一連合の創設を呼び掛ける

    © Flickr/ Frédéric BISSON
    政治
    短縮 URL
    4789110

    オランド大統領は16日、議会で初めて演説し、テロと戦うための国連安保理決議を採択し、国際的な統一連合を創設して、テロ組織「IS(イスラム国)」を掃討することや、憲法を改正して、しかるべき一連の法案を採択し、国家安全保障を強化することを呼び掛けた。

    オランド大統領は、演説の冒頭で次のように語った‐

    「フランスは戦争状態にある。13日金曜日の夜にパリとその郊外にあるスタジアム『スタッド・ドゥ・フランス』周辺で起こった襲撃は、戦争行為だ。これは我々の国、我々の若者たち、我々の生活スタイルに対する攻撃だ」。

    フランス議会は、上院(元老院)と下院(国民議会)で構成されており、両院合同会議は、一般的にフランス王の元邸宅だったベルサイユ宮殿で開かれる。上下両院合同議会は、憲法改正、EU新規加盟国承認に関する決定の採決、または大統領が議会に対して特別な呼びかけを行う場合にのみ開かれるため、オランド大統領にとっては、歴史的な機会だった。
    経験豊富な政治家で、平時には人気がなく、批判を受けているオランド大統領は、この不穏な時期に、自分の前にどのようなか可能性が開かれているのかをよく理解している。そのため大統領は13日のテロ後、強くて、積極的に行動する準備のある断固とした大統領というイメージを国に与えようとしている。

     

     

    関連:

    パリ、テロリストの一人からシリアのパスポート見つかる
    パリ市民、テロの負傷者のために列をなして献血
    タグ
    フランス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント