00:51 2017年02月28日
東京+ 5°C
モスクワ+ 3°C
    エルドガン大統領

    ドイツ政治:トルコのエルドガン大統領とダーイシュ(IS)との秘められた関係に終止符を打つ時だ

    © AFP 2016/ Adem Altan
    政治
    短縮 URL
    5755130

    トルコのエルドガン大統領に対して圧力をかけ彼のテロリスト集団ダーイシュへ(IS)の「隠れた支持」をやめさせる必要があるとドイツ連邦議会左派のサラ・ワーゲンクネヒト共同議長が発言した。

    彼女によると近東では危機を調整するための共同戦略がなく、ダーイシュ(IS)との闘いが極めて重要な課題であるという認識すらもないという。リア・ノーヴォスチ通信が報じた。

    「特にトルコがジハージスト(聖戦士)への支持関係に重きを置いていることは明白だ」と彼女は言う。

    ワーゲンクネヒト共同議長は状況を変えるためには戦闘員の資金源を断ち、新たな支持者の出現と武器調達の可能性を奪うことでダーイシュ(IS)内部の構造を壊す必要があると信じている。

    「だがこれを行うためにはエルドラン大統領に圧力をかけ、彼の『テロへの秘かな支持』をやめさせ、ダーイシュ(IS)に開かれたトルコの国境を閉ざすことが必要なのだ」と彼女は考える。

    タグ
    トルコ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      10.28  メルケル、トルコを悪魔的に抱擁 (マスコミに載らない海外記事)

      EU難民危機を緩和する“代償”として、シリア国内に“安全地帯”を作るよう、トルコはドイツに圧力をかけている。これは、NATO軍が結局、ロシア軍と対立することになり、シリア紛争をエスカレートさせかねない悪魔的契約だ。

      10.20 ドイツ、移民のトルコ帰還と引き換えにトルコのEU加盟を認める用意あり?
    新しいコメントを読む (0)